トピックス

2019.02.08

カラダが小さくなる奇跡の運動

カラダが小さくなる奇跡の運動

 

 

 

 

 

 

カラダが小さくなってから

なぜか靴下のサイズまで変わってしまい、

靴を脱ぐたび一緒に脱げる

ダイエット仙人です!

 

 

 

 

 

 

アナタは靴のサイズが変わるまで

痩せたことがありますか?

 

 

 

 

 

 

という訳で

今日はカラダのサイズの話です!

 

 

 

 

 

 

アナタは筋肉を小さくする

運動があるのをゴン存知ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



サイズを決めるのは
骨格と脂肪と筋肉



 

 

 

 

 

 

カラダのサイズを決めているのは

骨格、脂肪、筋肉です。

 

 

 

 

 

 

 

通常のダイエットでは

脂肪を燃やすことはしますが

筋肉へのアプローチが不足しているため

体重が減っても

サイズが落ちないということがよくあります。

 

 

 

 

 

 

サイズが落ちやすいのは

ウエストですが、

カラダのサイズを決めているのは

太ももと肩幅です。

 

 

 

 

 

 

肩幅はシルエットを決め

太ももの太さは

ズボンのサイズと

スカートの丈を決めています。

 

 

 

 

 

 

 

 



骨格は変えられないが
筋肉なら変えられる



 

 

 

 

 

 

 

生まれついての骨格は

残念ながら変えられませんが、

筋肉の大きさなら変えられます。

 

 

 

 

 

 

 

現在のダイエットは

カロリーや栄養素を制限し、

筋肉を増やすことで代謝を上げ、

痩せるというものですが

これでは筋肉は小さくなりません。

 

 

 

 

 

 

大切なのは筋肉を小さくしながら

代謝を上げること!

 

 

 

 

 

 

 



筋肉は筋トレや有酸素運動では
小さくならない



 

 

 

 

 

 

 

そもそも引き締めるために運動をする!

という発想が間違っています。

 

 

 

 

 

 

 

筋肉の増加には、

筋衛星細胞という細胞が

重要な働きをしています。

 

 

 

 

 

 

 

筋衛星細胞とは、

未分化性の高い細胞。

 

 

 

 

 

 

 

筋肉を引き締めようと

過剰な運動を行うと

この眠っている筋衛星細胞を起こすシグナルが入り、

目覚めた筋衛星細胞は、活発に増えようとします。

 

 

 

 

 

 

そして筋繊維と合体することで

筋肉を太くしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

これが運動によって

筋量が増えるメカニズムです。

 

 

 

 

 

 

だから引き締めようと

筋肉を刺激すればするほど

筋肉は大きくなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 



刺激しすぎることで
筋肉は、むくみ大きくなる



 

 

 

 

 

 

 

筋肉を刺激しすぎると

カラダは酸性に傾きます。

 

 

 

 

 

 

人間のカラダは常に

PHバランスを保とうとするので

筋肉が炎症を起こして

酸性に傾くと水を含んで中和させようとします。

 

 

 

 

 

 

つまり浮腫むんですね。

 

 

 

 

 

 

ボディビルダーなどが

よく試合前に裏で

筋トレをせっせせっせとしているのは

筋肉をむくませて大きく見せるためです。

 

 

 

 

 

 

ワタシも昔ボディビルのようなことを

していたので分かるのですが、

筋トレをした次の日は

服が小さくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

筋肉のサイズを落とすのは

まずむくみをとることから

ワタシの経験上、

細い人でもほとんどの方はむくんでいます。

 

 

 

 

 

 

筋肉のむくみをとるだけでも

けっこうサイズは変わるので

仮に同じ身長、同じ体重でも

筋肉のむくみをとった人の方が細く見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉のむくみがとれると

別人のようなサイズ感に

生まれ変わることが可能です。

 

 

 

 

 

 

ちなみ筋トレをしていたころのワタシです。

 

 

 

 

 

そして今の運動を取り入れてから

 

 

 

 

 

カラダの大きさの変化は

見れば分かりますね(W)

 

 

 

 

 

 

 



神経を刺激することで
筋肉のむくみがとれる



 

 

 

 

 

 

 

大切なのは筋肉ではなく

神経へのアプローチです。

 

 

 

 

 

 

筋肉をコントロールしているのは

神経系と呼ばれる脳です!

 

 

 

 

 

 

小脳は、筋肉や腱から送られてくる

情報をモニタリングしつつ、

運動時に複数の筋肉を自在に操っています。

 

 

 

 

 

 

 

ある特殊な動きで

筋肉を動かすと

信号が脳に伝わります。

 

 

 

 

 

 

信号を受け取った脳は

筋肉と血管と皮膚に対して

緊張を解くように指示を送ります。

 

 

 

 

 

 

筋肉や血管が緩むことで

いわゆる張りがなくなり、

筋肉のサイズを小さくすることができます。

 

 

 

 

 

 

そして、その状態を

長い期間保つことで

筋肉のサイズを小さくしていくことができます。

 

 

 

 

 

 

 

神経を刺激するのに

大きな負荷は必要ありません。

 

 

 

 

 

 

ダンベルもチューブも

ボールも必要ないので

すべて家の中で完結することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



たった20分で効果をだす
奇跡の運動法



 

 

 

 

 

 

 

神経へのアプローチに

特化した運動が

「神経筋制御論」をもとにした

「やまおく体操」です!

 

 

 

 

 

 

 

動画を見てもらえれば

分かるように

運動強度はラジオ体操並みです。

 

 

 

 

 

 

時間も20分以内に終わるので

仕事が忙しい方でも

取り組むことができます。

 

 

 

 

 

 

しかも汗もほとんどかかないので

わざわざ着替える必要もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋トレも有酸素運動も

やると疲れますが、

神経を刺激する運動は

強度が軽くて時間も短いので

疲れも残りません。

 

 

 

 

 

 

それどころか

神経系(脳と筋肉のつながり)を

活性化させてくれるので

やればやるほどカラダが軽くなっていきます。

 

 

 

 

 

 

なのでワタシは

この運動に出会ってから

筋トレも有酸素もストレッチすら

全くやらなくなりました(W)。

 

 

 

 

 

 

 

 

時間はたったの20分!

ぜひいちどお試しください!

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また!

最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

神経にアプローチする運動で

筋肉も小さくする不思議なダイエットはコチラ

 

 

 

 

 

 

神経にアプローチして

人生で初めて脚が細くなる体験をした

Wさんの体験談はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#meguriじむ
#めぐりGYM
#めぐりじむ
#megurigym
#ダイエット仙人
#オンラインダイエット
#小さくなるダイエット
#細くなるダイエット
#華奢になるダイエット
#MTFダイエット
#女装ダイエット
#MTF  筋肉
#MTF 華奢
#MTF 骨格
#女装 筋肉